泥棒が侵入する手口として、三角割りと言われるものがあります。
昔から使われている手法で、音があまりせず、気づかれにくいため、
短時間にクレセント錠をあけて侵入することができる方法です。

使用する道具はドライバーなど小さくて一般的なものであり、
特別なスキルも必要ありません。短時間で静かに忍び込める方法として
三角割りは泥棒には好都合でしょう。

ではこれを防ぐにはどうしたらよいでしょうか。実はクレセント錠には
防犯的な効力は期待できません。それだけにきちんと防犯対策を
考えておく必要があります。

泥棒対策として、窓には補助錠を付けるといいとよく言われます。
しかし三角割りなどでクレセント錠を開けられてしまうと、窓ガラスの
上下に取り付けるタイプの補助錠では、あまり効果がなくなってしまいます。

クレセント錠が開けば、補助錠にも何らかの方法で力を加えて
外してしまうことが可能だからです。それを防ぐには、クレセント錠自体を
鍵付きにする、防犯ガラスに替える、ガラスアラームといった対策が有効です。

現在ではクレセント錠を開けずにサッシごとはずしてしまうなど、方法も
進歩していて、どんな対策も完璧だとは言えません。ただ、取り付ける側の
便利さより、泥棒が開けにくい方法を念頭に置いて対策を考えましょう。