泥棒が一戸建てに侵入するときは、玄関からではなく大半が窓からだと言われます。
中でも窓ガラスの一部を割ってクレセント錠を開ける手口が多いため、
泥棒対策としては、まずはサッシが開かない方法を考える必要があります。

そのためにはガラスを強化する、補助錠を取り付けるという二つの方法があります。
ガラスを防犯ガラスに変えて、たやすく割られないようにすれば、
クレセント錠は開けられません。

クレセント錠を開けるためには、手が入る程度の大きさの穴であれば十分です。
泥棒は人が通れるような穴は開けません。それだけにクレセント錠を開けられても
補助錠によってサッシが開かないように固定できれば、侵入を阻むことができます。

 

防犯対策としてはなによりもまず侵入させないことが大切です。
その家に大金や貴重品があるかどうかは、大豪邸でもない限り判別できないでしょう。
泥棒は大金の有無より、侵入しやすさを優先しているとも言われます。

たとえ我が家にはたいしたものはないし、と思っていても、侵入されてしまったら
どうにもなりません。盗まれたもの以外に割れた窓の修理や掃除、片付けなど
大きな被害になることは否めません。

そういう事態を防ぐためにも、まず侵入対策を万全にしましょう。
一階は可能であれば防犯ガラスにして、二階もベランダや侵入しやすい場所、
外から人目につきにくい窓には防犯ガラスを入れた方が安心です。

 

補助錠も種類はいろいろありますが、特徴があり、あなたがどこまでの
セキュリティを望むかによって選ぶものも違ってくるでしょう。
単純に値段だけ見て決めずに、個々の補助錠の特色を調べて選びましょう。

セキュリティー会社のシールや防犯フィルムを貼るのも、一定の効果はあっても、
侵入に対する抑止力とまでは言えません。たとえ窓を割られても、防犯フィルムが
あれば、侵入まで多少の時間稼ぎができる可能性があるということです。

まずは家のどこが一番侵入されやすいかを意識して、対策を進めましょう。
防犯グッズを買って設置して満足せずに、日頃どう意識して過ごすかも含めて
泥棒対策をすることが重要です。