最近オートロックのマンションが増えていますが、
オートロックなら安全だと思っていませんか?
実は集合住宅を狙う泥棒はオートロックを好むと言います。

それは、うまくマンションに入り込んでしまえばオートロックのおかげで、
多くの人の目につく可能性が減るからです。

オートロックなら、そのマンションの管理人や住人、他の泥棒やセールスマンくらいにしか
出くわす可能性がありません。そしてマンションの外に出るとき、鍵でなくセンサーで
ドアが開くタイプなら、一度入ってしまえば後は何気なく出ていくことができます。

各階で考えれば住人の数も限られ、仕事で不在の家も多いため、人目につくリスクが低く、
仕事がしやすい状況だと言えます。とくにマンションはオートロックさえ通ってしまえば、
各部屋が同じタイプの鍵を使っていることが多く、泥棒には効率よく仕事ができて、好都合です。

では泥棒対策としては何をすればいいでしょうか?
まず、泥棒が入りにくいと思うような状況を作り出すことです。

例えば花壇やゴミ置き場、自転車置き場など公共の場所をきれいにし、
目が行き届いていることを示しましょう。そして、住人同士のコミュニケーションを
密にして見知らぬ人がいたらすぐわかるようにしておきます。

戸締りがきちんとしていて、不審者にすぐ気づき、手入れの行き届いたマンションに
わざわざ忍び込む泥棒は少ないでしょう。一口にオートロックと言ってもシステムや
運用方法によってセキュリティのレベルは差があります。

暗証番号をまめに変えたり、IDカードや何重かのチェックがある場合は別として、
一般的には過信しすぎないことが重要です。普段からの心構えにまさる対策はありません。