泥棒と言うと、空き巣をイメージする人が多いのではないでしょうか。
空き巣に比べて少ないとはいえ、主に就寝中に狙われる「忍び込み」、
日中、食事や庭の手入れ中などに侵入される「居空き」どちらも要注意です。

 

空き巣と違い、忍び込み、居空きは泥棒と出くわす可能性があり、
いつ居座り強盗に変わったり、武器で狙われたりするかわかりません。
そんな被害を避けるためには、とにかく施錠を徹底しましょう。

 

泥棒の対策として、施錠は完璧でしょうか。
換気のために浴室やトイレの窓を開けたままにしていませんか?
居空きは鍵のかかっていないドアや窓からの侵入が多いのです。

 

窓に格子があったとしても、実は案外簡単に外せることもあるので、
ねじを抜かれにくくしたり、防犯性の高い格子にする必要があります。
窓のクレセント錠ももともと防犯用ではないので、補助錠は欠かせません。

 

庭掃除やゴミ出しの間くらい…という油断を泥棒は見逃しません。
わずかな時間でも施錠する習慣をつけましょう。
しっかり対策をしている家には、泥棒は近づきたがらないものです。

 

防犯意識の高い家は、侵入できても金目のものが見つけにくかったり
防犯ベルやライトの設置がされていたり、盗みを働きにくいからです。
プロの泥棒はそういう違いを下見などで確認しています。

 

しっかり日頃から備えている様子を感じさせて、泥棒が侵入するのを
断念するような家を目指しましょう。防犯グッズを活用しつつも
防犯意識を常に持って、被害を防ぎましょう。