空き巣の対策として一番最初に思い浮かぶのは何でしょうか。
まずは玄関のドアに限らず、ベランダや浴室などの窓も
きちんと鍵をかけて、しっかり戸締りする習慣をつけることでしょう。

 

泥棒が侵入する際に助けになるような足場や死角を作らず、
センサーライトやブザーなども活用して、
泥棒が侵入を諦めるような状況にしておきましょう。

 

例えば、防犯用の玉砂利を家の周りに敷いておくと、
泥棒が歩いたときに歩く音に気づきやすくなります。
余計な荷物や雑草などをなくして、見通しよくしておくことも大事です。

 

特に帰宅時間が遅い場合はタイマーを使って夜に明かりをともすなど
工夫も必要です。今ではさまざまなグッズも売られているので、
警察の防犯情報などを参考に備えておくのもいいでしょう。

 

郵便物をため込んだり、郵便箱の中に合鍵を入れたりするのも禁物です。
洗濯物を夜まで干したままにしたり、雨戸の閉めっぱなしもよくありません。
そしてスーツ姿の空き巣もいることも覚えておきましょう。

 

空き巣は外から様子を探るので、家の周りは手入れをしておきましょう。
そして近所の人とお互いに声をかけあって、不審者が侵入しにくい
雰囲気を作っておくことが空き巣対策として、とても重要です。

 

そしてそういった対策に関する知識や意識を、家族や近隣の人と
共有しておきましょう。日頃の心がけがなによりの対策と言えます。