泥棒の侵入手口として、ピッキングやサムターン回しなどの「施錠開け」と
言われる手口は、実際の被害から見ると案外少ないものです。実は、
無施錠やガラス破りがそれぞれ4割前後で、施錠開けはその1/10もありません。

 

そのデータからすれば、泥棒の対策として、まず無施錠を避けることが大切です。
侵入口の6割は窓なので、窓や扉の無施錠をなくし、ガラス破りを予防する対策を
講じれば、泥棒にとっては侵入しにくい家になると言えます。

 

施錠をするのは泥棒対策として当然のことです。ところが、換気のためにと
トイレや浴室の窓を空けていたり、うっかり施錠を忘れたりしたことで、
泥棒が侵入しやすい環境を作ってしまいがちです。

 

まずは完全に施錠することと、ガラスを割られないようにグッズを使ったり、
センサーでライトがついたりブザーが鳴るようにして、侵入を防ぎましょう。
その次に施錠空けの対策を考えましょう。

 

施錠空けが実際の手口として使われる比率は低くても、泥棒は侵入のプロです。
もし施錠空けを狙われたら、きちんとした対策なしには防げません。
ピッキング対策に鍵を替え、サムターンカバーもつけましょう。

 

そうして防犯意識の高さを泥棒に感じさせれば、泥棒が侵入を諦める可能性が 
増えてきます。これくらいは大丈夫だろう、少しの間だけなら大丈夫だ、
そういう考えが泥棒の犯罪を招きます。常に防犯意識を高く持ちましょう。