一戸建て住宅では泥棒の侵入を防ぐため、ガラス破りの対策は重要です。
空き巣が侵入する手口として、ガラスを破ることが多く、
特にトイレや浴室の窓は死角として狙われているからです。

 

防犯ガラスに替える、補助錠をつけるなどが対策としては一般的です。
センサーライトや窓ガラスの振動に反応するブザーなど効果的です。
それぞれの家の状況にあった対策を行いましょう。

 

格子のついている窓なら安心だと思いがちですが、案外ドライバーで簡単に
はずせてしまうものなので、油断は禁物です。

シャッターや雨戸のない窓やフェンスなどで見通しの悪い窓も要注意です。

 

泥棒は窓についた鍵の横のガラスを割って、鍵を開けて侵入します。
ガラスは思いのほか簡単に割れ、音もあまりしないため、
ガラス破りをしにくくすることと、早く感知することが大事です。

 

窓ガラスに張る防犯フィルムや補助錠などは泥棒がカギを開けるまでに
時間がかかるため、侵入を諦めさせる効果があります。

ただあくまでも時間を稼ぐものなので、ブザーなどとの併用が望ましいです。

 

センサーライトやブザーを設置することで侵入しようとする作業に
早く気づくことができます。そういったグッズを併用することで
この家はガラス破りは難しいと思わせるようにしましょう。