サムターン回し、という言葉を聞いたことがありますか?
サムターンとは、ドアの内側から鍵をかけるときに回す部分のことを言います。
外から帰ってきてカギでドアを開けた後、サムターンで内側から閉めていますよね。

 

泥棒が家に侵入する際にサムターンを外から回して、ドアを開けてしまう手法が
サムターン回しです。
サムターン回しをすれば、泥棒はカギを開けたり、ピッキングをしなくても家に入れます。

 

ではどんな風にそれを行うのかというと、ドアについている郵便受け口から道具を入れたり、
ドリルで周辺に穴を空けて手を伸ばして回すのです。
ぞっとしませんか?そんなに簡単にできてしまうのかと不安になりますね。

 

サムターン回しを防ぐ対策として、
サムターンカバーやガードといった商品が発売されています。

 

数年前にカギの代わりに道具を使ってドアを開けてしまう「ピッキング」も話題になりました。
その時には高価で高性能な鍵に取り替えて備える人も多かったようです。

 

しかし、サムターンについてはカバーや補助鍵を購入すればよいので、
値段的にもそれほどの負担ではありません。またいろんなタイプの商品があり、
比較してご自宅にふさわしいものを選ぶこともできます。

 

けれども一番大事なのは、やはり防犯の意識を常に持つことと、
防犯情報には耳を傾けておくことでしょう。
地元の掲示板や回覧板に空き巣情報があったり、近所のうわさに上るようなときは
特に注意して、家の防犯対策を再確認しておきましょう。

 

防犯対策というと、グッズなどの環境整備ばかり考えてしまいますが、
まずは犯罪を起こしにくい雰囲気を地域や家庭で作ることが重要です。

そして防犯情報の共有をしましょう。

 

近所で被害が起きていてもそれを知らずにいたら、被害者が増えるばかりです。
交番や町内の掲示板にも気を配り、不安になったら後回しにせずに、
防犯対策を早めにしておきましょう。